借金は楽しい?

  • 投稿日:
  • by

shakkin.jpgのサムネイル画像借金人生
これからの事は分かりませんが、少なくとも現時点までの私の借金人生は大きく破綻することもなく、綱渡り状態ながら何とかやってこれているというのが実感です。
バイクが好きな私は、16歳になってすぐ原付きの免許をとり、すぐに原付バイクを購入しました。
私の長い借金人生の始まりです。確か毎月4,500円位のローンを組んだと思いますが、その年齢ではローンは組めないはずなので、親が代わりに手続きをして、お小遣いやらバイト代などで少しづつ返したのではなかったのかと思います。
最後までちゃんと返したかどうかもよく憶えていません。
その後バイクの中型免許を取り、今度は自分のバイト代で中型バイクを購入したのはハッキリ憶えています。
それからは毎年のようにバイクを買い替え、自動車の普通免許をとってからは、バイクは止めて親戚から譲ってもらった中古車から新車になり、数年おきにクルマを買い換えるということを繰り返していました。
ここまでの借金人生はバイクとクルマの借金人生という訳です。
ここでよく覚えているのは、初めて新車のクルマを購入しようと思った時のことです。これまでのバイクと違い、毎月の支払は2万円に近いローンを組む必要がありました。
就職して実家を離れて一人暮らしを始めていた私にとって、この2万円は大金でした。2万円は今でも私には大金ですが、当時は給料も安く、今とは違う意味で純粋に生活の不安も感じる額だったのです。
最終的にローン契約にサインする直前、覚悟を決めたんです。支払いが出来なくなったらクルマを手放せばいいんだと。
そう開き直ったら随分気が楽になって、それが今まで続いているのです。あの時の覚悟がその後の借金人生を作ったことになります。

借金は楽しい?
今でもクルマは持っていて、当然のようにローンも支払っています。でもそのローンもそろそろ終わりが近づいてきました。
そう言えば、これまでのバイクやクルマの借金は、全部最後まで払った記憶がありません。払い終わる前にそれを下取りにして次を買う(新たなローンを組む)ということを繰り返していたのです。
今度はもしかしたら初めてローン完済までいくのかも知れません。
そうなると何となく落ち着かなくなってきます。
私にとって、バイクやクルマのローンの無い生活など16歳の時から今までずっと無いので、また新しいクルマにするか、それとも念願のバイクに復活するか、想像だけは尽きません。
今のクルマはとても気に入っているので、これからもずっと乗っていたいとは思っているのですが、ローンが無くなるというだけで落ち着かなくなってくる私は、ローン中毒なのかも知れません。
これで良かったのかどうか分かりませんが、少なくとも少なバイクやクルマと生活した毎日は楽しんでいました。
こんな借金人生ならそれはそれで良かったのかなと思う、今日この頃です。

借金でも計画的に借りたらすごく便利ですし、借りる際は知名度のあるところを選びましょう!

参考→専業主婦でもキャッシングできる安心のカードローン

その他、オススメサイト→http://住宅ローンが払えない.jpn.com/