カードローンの種類

money-16.jpg

キャッシュカード
社会人になって給料をもらうようになると、今どき現金手渡しは余りないと思いますので、どこかの銀行に口座を作って、そこに毎月の給料を振り込んでもらいますよね。
今でもそのときのカードを使っていますが、そのカードでもカードローンが利用出来るのも関わらず、いまでは銀行口座以外のカードを何枚も持っています。
以前、カバンに入れていたカードがカバンのマグネットと接触して磁気情報が壊れ、使えなくなって困っとことがありました。他にもうっかり有効期限の切れたカードを持っていったこともありました。
やはりカードローンが使えるカードはいつも複数枚は持っていないといけないようです。
他に、ガソリンスタンド発行のカードやETCカード、ネット通販がお得になるカードを作ったり、家電量販店のカードを作ったりと、気が付いたら10枚位のカード持ちになっていました。
会費無料で揃えたものの、絶対に使いそうにないカードは途中解約したりして、今では厳選したカードのみを使用しています。

カードローン
銀行系キャッシュカードを使ってきた人には分かりにくいかもしれませんが、いわゆる消費者金融系のカードもあり、こちらをカードローンと呼ぶ人もいます。
実際にはカードローンの中に銀行系と消費者金融系があるのですが、イメージ的にカードローン=消費者金融系カードという人もいるのでしょう。気持ちは分かるような気がします。


社会人をしている人は給与振込口座をもっている銀行のカードを持っており、カードローンやキャッシングはそのカードで利用出来ますが、専業主婦や学生、アルバイトなどをしている人達には実は銀行系のカードを持つことは簡単ではありません。
収入が無い、或いは安定していない人にはカードの申請時に行われる審査に通らない可能性はあるからです。


その場合、融資を、つまりお金を借りようと思うと、消費者金融系カードに申し込む、ということになります。

詳細→「借入の審査※即日融資OKで内緒で借りれるカードローン特集

消費者金融系カードローン
テレビの CMでよく見かけるのが、消費者金融系カードローンのプロミス、アコム、モビット、レイクやアイフルなどです。
以前、と言ってももうかなり前になりますが、消費者金融系カードローンはサラ金のイメージがあり、一般的には敬遠されていましたが今はそんなことはありません。
これらのカードローン会社には各々バックに銀行がついているのがほとんどですので、安心して利用することが出来ます。
専業主婦や学生など収入が無くても利用することが出来ますし、持ってなくても申し込みから借り入れまで最短一日というところもありますので、急な出費にも対応してくれるところが銀行系カードローンには無いメリットです。
申し込みもインターネットから簡単で、街で見かける無人端末機コーナーならその場で手続きが終了します。
何かに備えて一枚持っておくのもいいでしょう。

更新日: