内緒でカードローン

menandwoman.jpg

内緒でカードローン申し込み
主婦や学生など、一定の収入が無くても利用できる消費者金融系のカードローンは人気となっています。
一度に借りられる金額に制限はあるものの、数万円程度が問題なく利用出来れば普通は十分だと思います。
家庭内のやりくりや、友達との付き合いでちょっと必要、なんていう場合にカードローンの一枚でもあれば気分的にも余裕ができますね。
それでも、旦那や家族に内緒でカードローンを作っておきたいということはあるでしょう。
給料が安いとか、小遣いが少ないとかを遠回しに言っているようで、何となく内緒でカードローンを持っていよう、というのもあると思います。
そんな消費者金融系カードローンの申し込み方です。

ポイント
旦那や家族に内緒となると、どうしても幾つか注意しなくてはいけないポイントがあります。
ただ漠然と申し込むと、いろいろな手続関係ですぐにバレてしまいます。内緒にしたいならちょっと気を付けることがあります。難しいことはありませんので大丈夫です。
(1)カードローン選び
消費者金融系カードローンもたくさんありますので、まずはホームページで調べて比較してみましょう。
基本的にはどこも大きな差はありませんが、各々特徴はありますので自分の考えている使い方にあった条件を持っているカードローン会社を選ぶほうがお得です。
それは単に金利だけではなく、利用できるコンビニや口座、返済方法など自分の時間を有効に使えるようにするのもポイントです。金利が少し安くても返しに行くのに電車代を使うようでは元も子もありません。
(2)申し込み
ここからがちょっと注意が必要です。
申し込み自体はスマホやパソコンから出来ますので、履歴を覗かれない限り知られることはありませんが、問題は申し込んでから後です。
カードローン申し込みの常として、カードローン会社から本人確認の電話が掛かってきますし、自宅に書類が届いても来ます。
電話は自分のスマホに掛けてくれるように依頼しておきます。
書類は自宅あてに来るのは仕方がありませんが、カードローン会社もそこは気を使っていて、別会社?の名前で送ってきたりするので多分大丈夫でしょう。一応申し込み時にそこは確認をしたいところです。
(3)返済
ここが一番重要なポイントです。
つまり指定の日にちに指定の金額を確実に返済する。つまりちゃんと返すという事です。
カードローンですので、急な入用で使うこともあるでしょうが、利用金額は常に意識しておく必要があります。来月の給料や小遣いで返済出来るかどうかです。
ここで返済トラブルが起きると、多少の融通はきくとしても1-2ヵ月返済出来ないとカードローン会社から自宅に請求が来ることもあります。
そうなると内緒にすることは難しくなり、トラブルも大きくなる可能性もありますので、利用金額の管理だけは十分に注意しておきましょう。

更新日: