スマホで借金

0-94.pngサラ金の話ではありません。
スマホを買い替えた時の話です。

もともと余り電話(通話)をする人ではなく、連絡は主にメールでしたので、毎月の料金(プラン)は2,200円位でしたが、それが4年位前にスマホになったことで一気に5,000円プラスの7,000円超となってしまいました。
スマホにするだけで5,000円の追加出費は気分的にも重いものがありましたが、流行りのスマホにしたいという想いもあり、思い切って買い替えたのです。
それでも何となくの惰性で来ていましたが、現れましたね。格安スマホが。
最初はどうなのかよく分かりませんでしたが、いろいろ調べてみると意外といいのではないかと思い、思い切って格安スマホに切り替えた、という話です。

格安スマホ
それのどこが借金かと言いますと。
その前に料金の話ですが、これまでのスマホ代は機種代の月々2.000円を含め、7,000円超でした。
格安スマホは毎月3GB位の通話SIMタイプだと、毎月の契約料は何と1,600円位です。
別途通話料は掛かりますが、それまでより5,500円/月も安くなる!と思わず飛びつきそうになりました。
これまでのスマホは3大キャリアとも似たような料金でしたが、格安スマホという選択肢が出てきたのです。
端末も最初は料金の安さをアピールするためか、低価格帯のものばかりでしたが、今では高性能タイプのSIMフリー版が出てきています。
実はあのiPhoneも、Appleのホームページ(Apple Store)か、Appleショップで購入すると、それはSIMフリー版なのです。
なのでiPhoneでも格安SIMとの組み合わせで料金を抑えることは出来るのですが、本体は一声10万円コースなのでおいそれとは買えません。
毎月分割コースもありますが、2年での支払いでは単純計算で毎月4,200円となり、格安SIMの1,600円を足すと約6,000円と、それまでと比較して1,000円位しか安くなりません。
そこで、Android端末を探しました。
結局選んだのは4,5000円の端末でしたが、それでも毎月の分割払いにすると2,000円/月は掛かります。また格安スマホをセット販売しているところでも、ほぼ似たような料金です。
そこで考えました。
毎月の支払はこれ以上削れない契約料金の1,600円/月だけにしたい。そのためには端末は一括払いにしようと。
この端末代はカードで一括払いとしました。45,000円の借金です。ただ今まで使っていた端末も買い取りサービスで20,000円位にはなりそうです。よって実質負担額は25,000円。
毎月5,000円は安くなっていますので、計算上は5ヵ月で元をとることが出来るはずです。
格安スマホにするために、一旦45,000円の借金。長い目で見るとお得ですので、これも借金の有効活用だと思っています。

更新日: